借金問題が一人では抱えきれずに債務整理をしたいと考えた時に、不安に考えることの1つが「周囲に借金が知られてしまうのではないか」「債務整理したことが周りにバレるのではないか」という周りへの影響です。
特に、借金自体を内緒にしている場合は、債務整理を隠したいと考えるものです。
誰にも知られることなくこっそりと債務整理をしたいと考える場合、周りにバレないように債務整理することは可能なのか解説していきます。

基本的に同居人以外であれば知られる可能性は低い

債務整理をするとなると、周囲にバレないようにすることは可能です。
ただし、債務整理方法によっては同居する家族にはバレる可能性もあります。
しかし、親戚や会社などに債務整理は基本的に知られてしまう可能性は低くなっています。
そのため、債務整理をするからといって周囲の目を気にする必要はありません。

官報によってバレる可能性もあるが、確率は低い

国が発行している機関紙である「官報」に、債務整理をすることで名前が載ります。
ただし、債務整理でも裁判所を介す「個人再生」や「自己破産」の場合のみ掲載されるため、「任意整理」では官報に載ることはありません。
官報を見た人が周囲にいれば、債務整理をしたことがバレてしまいますが、一般の人であれば官報を見る人はほとんどいないでしょう。
そのため、官報によって債務整理がバレる可能性もありますが、可能性としては低いと言えます。

個人再生や自己破産の場合は家族には話すべき

債務整理の方法の中でも、「個人再生」や「自己破産」の場合は、周囲にはバレる可能性は少ないものの家族にはバレる可能性があります。
また、家族の協力が必要になるケースもあるので、家族には事前に話しておくことが得策と言えるでしょう。
なぜ個人再生や自己破産の場合は家族にバレる可能性が高まるのか理由を見ていきましょう。

自己破産をすれば財産を失う可能性がある

自己破産をすると、債務者が名義の財産は換価されることになります。
そのため、生命保険や自宅、車などが没収されてしまう可能性があるのです。
特に、自宅は一緒に住む家族にとっては大きな問題となるので、隠しておくことはできませんし事前に話し合いが必要です。
また、株券や生命保険なども処分されれば後から気付かれる可能性もあるので、自己破産する場合には家族に相談が必要と言えるでしょう。

裁判所への申立てに必要な書類集めの時にバレる可能性がある

個人再生と自己破産の手続きをするには、裁判所への申立てを行う必要があります。
その際に提出すべき書類があり、債務者本人の収入書類だけではなく配偶者の書類も必要となります。
給与明細書や源泉徴収票などを配偶者にも提出してもらうことになるため、協力してもらうことになります。
生活の支出なども分かるように光熱費の引き落としとなっている通帳のコピーなども必要になるケースもあるので、配偶者が共働きでない場合でもバレる可能性は高いでしょう。

裁判所や貸金業者からの郵便物でバレる可能性がある

任意整理の場合は貸金業者とやり取りをすることになり、自己破産や個人再生では裁判所とのやり取りが郵送で行われます。
そのため、同居している家族がいる場合には郵便物でバレてしまう可能性があるでしょう。
ただし、弁護士に依頼することで、裁判所や貸金業者とのやり取りは受任することができます。
そうすると、自宅に届かなくなるので、郵便物でバレる可能性はなくなります。

周りに知られたくない場合には任意整理がおすすめ

周囲の人や家族にすら知られずに債務整理をしたいという場合には、任意整理がおすすめです。
任意整理であれば、貸金業者と直接交渉することになるので、裁判所への申立てや出廷などが必要ありません。
しかも、財産が没収されることもないので、周りに知られることなく債務整理をすることができます。手続きも比較的簡単なので、提出すべき書類も少なくて済みます。
ただし、個人再生や自己破産のように借金自体が減額や免除になるわけではないので、手続きの後にも借金の返済が続きます。

バレずに債務整理したい場合には弁護士に相談しよう

任意整理が最も周囲の人に知られずに債務整理できる方法であると言いましたが、自分自身で手続きをすればバレてしまう可能性があります。
貸金業者からの連絡や郵便物が自分自身に届くからです。
しかも、交渉も行わなくてはいけないので、精神的にも疲労を大きく感じてしまうでしょう。
プロである弁護士に依頼することで、手続きはスムーズに進みますし、問題解決までの時間も短縮することができます。
しかも、郵便物など全て弁護士の元に届くようにすることができるので、本当に誰にも知られずに任意整理をしたい場合には弁護士に依頼すべきです。
もちろん、個人再生や自己破産手続きの場合であっても、なるべく人に知られないように動くことができますし、スムーズに手続きを進められます。

まとめ

なるべく周りの人に知られないように債務整理をしたいという場合には、まず弁護士に相談しましょう。
誰かに知られるのではないかと悩んでいる間にも、どんどん問題が悪化してしまう可能性もあります。
債務整理をすることで、借金問題が解決されれば家族も救うことができるのです。
当事務所では、債務整理実績の豊富な弁護士が問題解決に向けてフルサポート致します。
相談は無料ですので、まずはご相談ください。

債務整理の基礎知識の関連記事

債務整理をするとブラックリストに載ってしまう?ブラックリストとは

借金問題を解決したいけれど、債務整理をするとブラックリストとして載ってしまうことが不安で行動に起こせないと悩ん…

10年経てば借金は時効になる?時効の条件など詳しく解説

借金をしていても、長期間返済をしていない場合には時効が成立します。 意外と知らない人も多いですが、借金には時効…

債務整理にかかる期間とはどれくらいなのか?借金完済までの道のり

借金の返済が難しくなってしまっても、「債務整理」と聞くと手続きが大変だし時間がかかってしまうのではないかと考え…

債務整理を弁護士に依頼すれば「受任通知」によって督促が止まる!

借金の返済が滞ると、貸金業者から郵便や電話などによって督促がきます。 督促や取立てが続くと、精神的にも不安定に…

保証人と連帯保証人は同じじゃない!保証人と連帯保証人の違いとは

借金において、「保証人」や「連帯保証人」という言葉をよく耳にすると思います。 似たような言葉なので、同じ言葉だ…