「借金の返済が苦しくなってきた」「返済の終わりが見えなくて生活が不安」など借金問題に悩んでいませんか?
借金問題を解決する手段として債務整理がありますが、債務整理をするために弁護士に相談するのはハードルが高いと考える人も少なくありません。
しかし、債務整理方法は種類があるので人によって合った方法が違いますし、弁護士に相談するメリットはたくさんあります。
なぜ借金問題は弁護士に相談すべきなのか、メリットなど詳しく解説してきます。

借金問題を弁護士に相談するメリットとは

借金問題を解決するための手段として「債務整理」がありますが、多くの人が専門家である弁護士に相談して問題解決にあたっています。
専門的な手続きではあるものの、自力でしようと思えば可能です。
しかし、大半の人が弁護士に依頼している理由は何なのでしょうか?
弁護士に依頼することで得られるメリットを見ていきましょう。

ベストな解決法を提案してもらえる

借金問題の解決する手段である債務整理には、「自己破産」だけではなく「個人再生」や「任意整理」といった種類があります。
借金の金額だけではなく、収入と財産の状況や、住宅ローンや保証人の有無など状況を見極めて適した債務整理の手続きを進める必要があります
もし弁護士に相談せずに自身で手続きを決めて進めてしまった場合、保証人がいる場合は迷惑をかけてしまうかもしれませんし、マイホームを手放さなくてはいけなくなるケースもあります。
専門的な知識と経験を持つ弁護士に相談することで、負担が少ない方法で借金問題を解決できる策を提案してもらえます

督促を止めて精神的負担を軽減させられる(これを2番目に持っていく)

債務整理を弁護士に依頼した時点で、弁護士はすぐに各借入れ先に「受任通知」と呼ばれる通知を発送します。
受任通知を受け取った借入先は、債務者に直接連絡を取ることができなくなります。
そのため、取立てや電話といった督促を止めることができるのです
督促に悩まされていた場合であれば、督促が止まるだけでも精神的な負担が軽減されるでしょう。
また、その後弁護士の指示があるまでは借入れ先への支払いも必要ないので、借金から一時的に解放されます。

面倒な手続きを任せて日常生活を過ごせる

債務整理の手続は、書類の準備が大変なだけではなく専門的な知識も必要とされます。
そのため、手続きに慣れていない一般の人が全てを一人でするには困難ですし、書類に不備があればスムーズに手続きを進めることが出来ません。
債務整理手続きを弁護士に依頼すれば、面倒な書類手続きは全て任せることができます
そのため、日常生活を過ごしながら借金問題を解決へと導くことができるのです。
自身で行うには時間と労力が必要となるため、専門家に任せることが得策と言えます。

なぜ司法書士ではなく弁護士に依頼すべきなのか?

債務整理の手続は、弁護士もしくは司法書士に依頼することができます。
そのため、インターネットなどで借金問題について依頼や相談をする際に弁護士と司法書士のどちらに相談すべきか混乱する人も少なくありません。
司法書士よりも弁護士に依頼すべき理由は以下です。

司法書士には限度額がある

債務整理において司法書士と弁護士に依頼する大きな違いは、限度額の制限です。
司法書士の場合、借入が140万円を超えている場合には代理することができません
そのため、依頼の途中で140万円を超えていることが発覚した場合には、新たに弁護士に依頼しなくてはいけなくなります。
最初から弁護士に依頼しておくことで、金額を気にすることなく債務整理手続きを行えます。

裁判での代理人になれるかの違い

司法書士が代理人になることができるのは、簡易裁判所に限られています。
自己破産や個人再生の申立ては地方裁判所になるため、司法書士では代理人になることができないのです。
そのため、弁護士に依頼すれば全ての裁判所において代理人を務めることが可能となります。
また、手続きの途中で貸金業者が控訴したりした場合にも弁護士であれば代理人になることができます。

弁護士を選ぶ時のポイント

債務整理手続きをするにあたり、弁護士に依頼すべき理由やメリットを紹介してきましたが、弁護士事務所は非常にたくさんあります。
その中でどのような基準で依頼する事務所を選ぶべきか悩む人は多いでしょう。
債務整理において弁護士事務所を選ぶ際に注目したいポイントは「経験」です
どの弁護士に依頼しても同じではないかと考えられがちですが、本当に自分に合った債務整理手続きであるのかどうか判断するには経験が必要です。
総合的な状況から判断した上で、それぞれ個人に合った債務整理方法を提案するには経験を生かして債務整理後までを想定した上で判断しなくてはいけないからです。
そのため、債務整理における経験が豊富な弁護士に依頼することをおすすめします。
なお、当事務所は債務整理に関して3000件超の相談実績があります。

まとめ

債務整理は借金問題の解決策ですが、一人一人の借金や財政状況によって適切な債務整理方法は異なります。
自分に合った債務整理方法はどんな方法になるのか弁護士に相談してみましょう。
当事務所では、それぞれの債務整理方法の特徴を説明して適切な情報を相談者様に理解していただいた上で、実績25年のベテラン弁護士最も適切な解決方法を提案しています。
相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

債務整理の基礎知識の関連記事

周りにバレないように債務整理することは可能なのか?!

借金問題が一人では抱えきれずに債務整理をしたいと考えた時に、不安に考えることの1つが「周囲に借金が知られてしまうのではないか」「債務整理したことが周りにバレるのではないか」という周りへの影響です。 特に、借金自体を内緒に…

借金は一つにまとめるべきではない?借金をまとめるメリットとデメリット

借金の返済に悩まされている人の中で、複数の貸金業者から借り入れしているという人も多いでしょう。 複数の貸金業者から借り入れることで、返済管理も難しくなりますし、どのように返済していくべきか自分でも分からなくなってしまいま…

保証人と連帯保証人は同じじゃない!保証人と連帯保証人の違いとは

借金において、「保証人」や「連帯保証人」という言葉をよく耳にすると思います。 似たような言葉なので、同じ言葉だと勘違いしている人も多いかもしれません。 しかし、vこの2つの言葉は違います。!保証人と連帯保証人では責任の重…

10年経てば借金は時効になる?時効の条件など詳しく解説

借金をしていても、長期間返済をしていない場合には時効が成立します。 意外と知らない人も多いですが、借金には時効があるのです。 債務整理にあたって借金を見直していた場合に、長年返済していない借金が判明したという場合には時効…

債務整理は弁護士に任せよう!!司法書士よりも弁護士に依頼すべき理由とは

「借金の返済が難しい」「借金のことで悩まされて将来が不安だ」といった借金問題を解決することができる方法が債務整理です。 借金の減額や支払いの見直しによって借金の負担を軽減することができます。 しかし、債務整理手続きをする…