借金問題を解決したいけれど、債務整理をするとブラックリストとして載ってしまうことが不安で行動に起こせないと悩んでいませんか?
ブラックリストという名前から恐ろしいもののように感じる人も多いでしょう。
ブラックリストはどういったものであり、債務整理をすることでブラックリストに載ることでどのようになるのか解説していきます。

ブラックリストとは?債務整理で載ってしまうのか

ブラックリストという名前を聞いたことはあると思いますが、実際にブラックリストというリストが存在するわけではありません。
金融機関などの貸金業者は審査の際に信用情報機関に登録されている情報を確認しますが、そこに事故情報として登録がある場合には貸し付けを行いません。
信用情報機関に事故情報として登録されることを「ブラックリストに載る」というのです。

信用情報機関とは

信用情報機関とは、年収や住宅情報、クレジットカードやキャッシングなどの利用状況といった個人の信用情報を収集して提供する機関です。
金融機関などが会員となっており、消費者と信用の基で安全に取引できるように情報を管理して提供します。
新規借り入れをする際やクレジットカードを作る場合には審査がありますが、審査の際に信用情報機関に情報確認されているのです。
信用情報機関は、JICC(株式会社日本信用情報機構)やCIC(株式会社シーアイシー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つの機関があります。

ブラックリストに載るケースとは

ブラックリストに載るケースは、ローン返済が遅れてしまったり、クレジットカードの支払いが出来なかった場合などです。
また、債務整理をした場合にもブラックリストに登録されてしまいます。
債務整理には任意整理や個人再生、自己破産がありますが、どの手続きの場合でも事故情報として登録されることになります。

債務整理をすることでブラックリストに載るとどうなるのか?

債務整理をして3つの信用情報機関に事故情報が登録されて出来なくなることは、「新規借り入れ」や「クレジットカードの新規発行」です。
ただし、一生新規借入やクレジットカードの発行が出来なくなるわけではありません。
債務整理の種類によって異なりますし、信用情報機関によって事故情報登録の期間は異なります。
つまり、期間が過ぎれば再びクレジットカードや借り入れは利用できるようになるのです。

ブラックリストに掲載される期間

ブラックリストに掲載される期間は5~10年ですが、債務整理手続きの種類によって異なります。
この期間は、任意整理の場合であれば貸金業者と和解が成立して整理が開始された時から数えます。
また、個人再生や自己破産の場合は、裁判所に再生計画案が認可されてからとなります。

自己破産 個人再生 任意整理
JICC 5年 5年 5年
CIC 5年 × ×
KSC 10年 10年

CICの場合、個人再生や任意整理は、債務整理の事実そのものは登録されることはありませんが、債務整理の前に3カ月以上の滞納があった場合には「異動」として登録が残ります。
そうすると、借金の完済から5年間登録は消えないので注意が必要です。
また、KSCにおいて任意整理は、保証会社が代わりに支払う代位弁済された場合にのみ登録されることとなるので、代位弁済されない場合は事故情報として登録されません。

ブラックリストに載ってもデメリットは少ない

ブラックリストに載ることで、借入れやクレジットカードにおいては一定期間不便に感じることもあるかもしれませんが、悩まされていた借金問題を解決できるのですから大きなデメリットにはならないでしょう。
それでもクレジットカードが持てないことなど生活の不便さが気になるという場合には以下の解決策があります。

デビットカードの利用

クレジットカードが利用出来なくなることで、大きな買い物の際や日々現金をある程度持ち歩かなくてはいけないのではないかという部分に不安を感じる人は多いでしょう。
しかし、クレジットカードは発行できないものの、デビットカードは利用することができます。
クレジットカードのように、引き落とし口座を設定して買い物をすることができます。
ただし、カード利用と同時に口座から引き落とされるカードになるので、口座に利用分のお金が入っていなくてはいけません。
しかし、デビットカードがあることでクレジットカードを持ち歩けないという不便さは軽減されるでしょう。

ブラックリストに載っていても問題のない契約はある

ブラックリストに載ることでさまざまなことが制限されてしまうのではないかと不安になる人は多いですが、ブラックリストとは関係のない契約もたくさんあるのです。
不動産賃貸の契約や生命保険の契約、銀行口座の開設も可能です。
また、自身が債務整理をしたとしても家族には影響がないので、家族名義でローンを組むことも可能です。

まとめ

債務整理をすることでブラックリストに載ることが不安だと考え、借金問題を悩み続ける人もいますが、ブラックリストに載っても一時的にクレジットカードなどが発行できなくなるのみで大きなデメリットはありません。
ブラックリストに載ることを恐れて返済が滞納すれば、結局ブラックリストに載ることになり状況が悪化します。
借金問題に悩んでいる場合は、債務整理に強い弁護士に相談して適切な債務整理方法を検討してみましょう。
当事務所では、債務整理の知識と実績の豊富な弁護士が最も適切な債務整理方法を提案します。
まずは無料相談でお気軽にご相談ください。

債務整理の基礎知識の関連記事

債務整理を弁護士に依頼すれば「受任通知」によって督促が止まる!

借金の返済が滞ると、貸金業者から郵便や電話などによって督促がきます。 督促や取立てが続くと、精神的にも不安定になってしまうケースも少なくありません。 借金問題を解決する方法は「債務整理」になりますが、

債務整理は弁護士に任せよう!!司法書士よりも弁護士に依頼すべき理由とは

「借金の返済が難しい」「借金のことで悩まされて将来が不安だ」といった借金問題を解決することができる方法が債務整理です。 借金の減額や支払いの見直しによって借金の負担を軽減することができます。 しかし、債務整理手続きをする…

借金問題は弁護士に相談しよう!!弁護士に依頼するメリットや理由とは

「借金の返済が苦しくなってきた」「返済の終わりが見えなくて生活が不安」など借金問題に悩んでいませんか? 借金問題を解決する手段として債務整理がありますが、債務整理をするために弁護士に相談するのはハードルが高いと考える人も…

周りにバレないように債務整理することは可能なのか?!

借金問題が一人では抱えきれずに債務整理をしたいと考えた時に、不安に考えることの1つが「周囲に借金が知られてしまうのではないか」「債務整理したことが周りにバレるのではないか」という周りへの影響です。 特に、借金自体を内緒に…

10年経てば借金は時効になる?時効の条件など詳しく解説

借金をしていても、長期間返済をしていない場合には時効が成立します。 意外と知らない人も多いですが、借金には時効があるのです。 債務整理にあたって借金を見直していた場合に、長年返済していない借金が判明したという場合には時効…