「借金の返済が難しい」「借金のことで悩まされて将来が不安だ」といった借金問題を解決することができる方法が債務整理です。
借金の減額や支払いの見直しによって借金の負担を軽減することができます。
しかし、債務整理手続きをするにあたり、司法書士か弁護士のどちらに相談すべきか悩む人は多いでしょう。
なぜならインターネットで検索すると弁護士も司法書士も出てくるからです。
司法書士と弁護士はどんな違いがあり、なぜ債務性は弁護士に依頼すべきとされているのでしょうか?

弁護士と司法書士の違い

法律に関するトラブルが起こった際に相談できる相手は弁護士だけではなく、司法書士もよく出てくるので混乱する人も多いでしょう。
司法書士も弁護士と一部同じ業務が行えることから、法律に関するトラブルの相談先として同じように出てくることが多くなっています。
弁護士と司法書士はそもそもどんな職業であり、どんな内容を専門としているのでしょうか?

司法書士

研修を受けて認定試験に合格することで、法務大臣に認められて司法書士となります。
司法書士は、登記手続きの代理業務や裁判所に提出するような公的な書類の作成業務などを行っています。
そのため、司法書士は書類作成においての専門家であると言えます。
また、簡易裁判所においては代理人を務めることも可能です。

弁護士

弁護士資格を持っている弁護士は法律の専門家です。弁護士の業務範囲は、司法書士の業務だけでなく行政書士などの業務内容までも含む多くのことに対応できます。
そのため法律相談だけでなく依頼者の代理人になって相手方との交渉や訴訟まで幅広く対応することができ、司法書士とは違って地方裁判所で訴訟になった場合にも代理人になることが可能です。

債務整理における弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士では、司法書士の方が行える業務が限られています。
それにも関わらず、債務整理の依頼において弁護士だけでなく司法書士の名前が出てくるのは、司法書士も簡易裁判所においては代理人になることができるからでしょう。
しかし、司法書士と弁護士に依頼するのとでは債務整理手続きにおいて決定的な違いがあります。

司法書士は債務額140万円以下しか担当できない

簡易裁判所で司法書士も弁護士と同じように交渉や訴訟ができるのであれば、どちらに依頼しても同じだと思われてしまいがちですが、実は司法書士の場合、借金や過払い金などの債務額に限度があります。
債務額が140万円以下の場合にしか担当することができないため、140万円を超える場合には140万円までの案件にのみサポートする形となります。
しかし、弁護士の場合は担当できる債務額に限度がないため、債務額がいくらになっても担当することができるのです。

弁護士の場合は手続きをフルサポートできる

司法書士が交渉や訴訟といった代理人としての役割を果たすことができるのは、簡易裁判所のみです。
そのため、争いが地方裁判所に移った場合には代理人になることが出来なくなります。
個人再生や自己破産の手続きの場合は地方裁判所にて申立てを行うため、司法書士の場合は書類を準備することのみしか出来なくなるのです。
しかし、弁護士であれば簡易裁判所でも地方裁判所でも代理人になることができるので、手続きから交渉や訴訟までフルサポートが可能となります。

早期解決や予納金が安くなることが見込める

債務整理の際に弁護士が代理人になることで、少額管財事件なる可能性や、申し立ててすぐに面接ができる即日面接制度を利用することができます。
少額管財事件扱いになると、裁判所に収める予納金が50万円から20万円にまで引き下げることが出来ますし、そうすると手続きも簡略化されます。
また、東京地方裁判所では申立て方1~2ヶ月後に面接が設定されるため、手続きの完了まで半年近くかかります。
しかし、弁護士が代理人になることで即日もしくは3日以内に面接を行うことができ、手続き完了まで3~4カ月ほどと短縮することができるのです。
もちろん個別の事案によって異なりますし、各裁判所の運用によって違いはあるものの、弁護士に依頼することで費用負担を抑えることや借金問題も早期解決させることが期待できます。

弁護士に依頼するメリット

弁護士と司法書士の違いを紹介してきましたが、担当できる範囲の違いが大きくあることが分かりました。
弁護士に依頼するメリットをまとめてみましょう。

  • 債務整理手続きのフルサポートを任せられる
  • 債務額の限度額を気にせずに依頼できる
  • 早期解決が期待できる
  • 予納金を抑えることが期待できる

自身の債務額を気にすることなく手続きから交渉など全てのサポートを弁護士には任せることができます。
しかも、限度額がないので過払い金であれば納得のできる返還を期待できます。
債務整理手続きにおいても早期解決を期待でき、費用まで抑えられる可能性があるのです。

まとめ

債務整理の手続きは、司法書士よりも弁護士に依頼する方がメリットは多いと言えます。
また、弁護士の中でも債務整理に強い弁護士に依頼することで、一層自分に有利に進めることができるでしょう。
当事務所では、3000件以上の相談実績のある債務整理に強い弁護士が相談者様をフルサポートします。
相談であれば何度でも無料ですし、分割支払いにも対応していますので、まずは現在の借金状況をご相談ください。
相談者様にとってベストな解決方法へと導きます。

債務整理の基礎知識の関連記事

周りにバレないように債務整理することは可能なのか?!

借金問題が一人では抱えきれずに債務整理をしたいと考えた時に、不安に考えることの1つが「周囲に借金が知られてしまうのではないか」「債務整理したことが周りにバレるのではないか」という周りへの影響です。 特に、借金自体を内緒に…

借金問題は弁護士に相談しよう!!弁護士に依頼するメリットや理由とは

「借金の返済が苦しくなってきた」「返済の終わりが見えなくて生活が不安」など借金問題に悩んでいませんか? 借金問題を解決する手段として債務整理がありますが、債務整理をするために弁護士に相談するのはハードルが高いと考える人も…

10年経てば借金は時効になる?時効の条件など詳しく解説

借金をしていても、長期間返済をしていない場合には時効が成立します。 意外と知らない人も多いですが、借金には時効があるのです。 債務整理にあたって借金を見直していた場合に、長年返済していない借金が判明したという場合には時効…

債務整理にかかる期間とはどれくらいなのか?借金完済までの道のり

借金の返済が難しくなってしまっても、「債務整理」と聞くと手続きが大変だし時間がかかってしまうのではないかと考えられがちです。 もちろん自分自身で全てを進めようと思うと知識や経験がないので、かなりの時間を要して大変でしょう…

保証人と連帯保証人は同じじゃない!保証人と連帯保証人の違いとは

借金において、「保証人」や「連帯保証人」という言葉をよく耳にすると思います。 似たような言葉なので、同じ言葉だと勘違いしている人も多いかもしれません。 しかし、vこの2つの言葉は違います。!保証人と連帯保証人では責任の重…